top of page

アーカイブ販売中!「女性のキャリア形成を経営視点から観る」


「女性役員候補育成塾」第6期開講中<全10回/途中入会可能>

女性の実学協会では 2024年4月より「女性役員候補育成塾」(半年間・全10回)を開講。企業の未来を担う女性役員の育成輩出を目指し、実践的な学びを行っています。

 

各テーマ、第一人者を講師に迎えた前半1時間の講義部分は、「オープン講義」としてアーカイブを販売しております。(性別を問わずどなたでもご購入いただけます)


 

第2回のテーマは

女性のキャリア形成を経営視点から観る

・女性のライフコースとキャリア形成を組織でどう活かすか 

・健康経営、ウェルビーイング経営の違いとポイント

 

第二回の講座では、女性の心身の変化を熟知している、女性のヘルスリテラシー専任教授の対馬ルリ子氏が、女性特有のライフコースやキャリアの描き方を解説し、お伝えします。女性ヘルスリテラシーの理解は、女性はもちろんのこと、男性の方にもマネジメントにおける基礎知識・ヒントとして、ご活用いただける内容です。

 

女性が経営層に入り役員として長期的にモチベーションを維持するには、自身のライフキャリアに関する理解を深めることが必須であり、またそれは、社内全体の女性社員の育成にも、正の循環を生むことにつながります。

 

例えば課長職に昇進した30~40代、この時期の女性は、結婚・妊娠・出産を機にライフコースが目まぐるしく変化する時期になります。その後職場での責任が増していき、執行役員、取締役となる45~55歳は更年期とも重なります。女性が活躍するためには、仕事上の役職の変化と女性の身体の変化が重なっていることを考慮する必要があります。

 

また、女性はライフイベント、ライフコースによって、キャリアの構成が多種多様で、それによって役割と関心ごとにかなりの違いが生まれます。そのため女性同士でも理解し合えないことも多くあります。

 

女性のヘルスリテラシーを知り、その複雑かつ多種多様なキャリア形成を会社組織経営にどう活かしていくのか、一緒に学んでみませんか。

多くの方のご受講をお待ちしております。 ▼セミナー概要▼

【テーマ】 女性のキャリア形成を経営視点から観る 

【講師】 対馬ルリ子氏

女性の実学協会 女性のヘルスリテラシー専任教授 

女性ライフクリニック院長/産婦人科医師 医学博士 

●メッセージはこちらから

【ファシリテーター】 永田潤子

女性の実学協会 理事/大阪公立大学大学院 都市経営研究科 教授

●メッセージはこちらから

【費用】 一般価格 11,000円(税込)/女性の実学の卒業生は半額


▼アーカイブ視聴申込みはこちら▼

※申込み講座として「女性のキャリア形成を経営視点から観る」をお選びください。



Comentários


bottom of page